シミの肌ケアテク

そばかすには消えるタイプ、消えにくいタイプがある。その違いと消す方法とは

顔の中心部に小さな茶色の点々が広がるそばかす。顔が暗くくすんだように見えるため、どうにかそばかすを消すことが出来ないかと悩むことも。そばかすを目立たなくするために出来ること、そばかすを消す方法をご紹介します。

 

 

何もしなくても消えるそばかすがある

 

 

そばかすには何もしなくても自然に消えてなくなるものがあります。それは、子供の頃からそばかすが出現するそばかすで、遺伝が原因の先天性タイプです。

 

 

そばかすはメラニン色素が表皮に蓄積することで茶色の小さな点々が顔に出てきます。このメラニン色素ができやすい、蓄積しやすい体質が遺伝したことによって、先天性のそばかすが子供の頃に現れます。

 

 

この遺伝タイプのそばかすであれば、一番気になる年頃の思春期に濃くなる特徴はあるものの、基本的には大人になるまでには薄くなり、そばかすは消えてなくなることが多くあります。

 

 

メラニン色素が出来やすい体質の遺伝なので、メラニン色素を作り出す原因となる紫外線対策はしっかりとる必要はあります。小さな頃からそばかすがある場合は、普段から日焼け対策をきちんとしておけば、大人になるにつれてそばかすは薄くなり、やがて消えてなくなります。

 

 

ところが、日焼け対策もせずに夏の強い日差しの中で過ごしたり、紫外線対策に無防備の生活を続けていると、メラニン色素がドンドン蓄積していきます。すると、本来なら放置していても消えるはずだったそばかすが、消えにくいタイプのそばかすに変化してしまいます。

 

 

消えにくいタイプのそばかすとは?

 

 

消えにくいタイプのそばかすは、遺伝タイプの悪化系とは別に、大人になってからそばかすが出来る後天性のそばかすがあります。

 

 

それは遺伝とは関係なく、色々なことが原因でメラニン色素が肌に蓄積することで起こります。

 

 

そばかすの原因となるメラニン色素ですが、紫外線以外にも色々な刺激が要因となって作り出されます。

 

 

虫刺されや火傷などの炎症
アトピーなどアレルギーによる炎症
肌に合わない化粧品の刺激
睡眠不足やストレスによる肌機能の低下
ホルモンバランスの乱れ
マッサージなど摩擦の刺激

 

 

などなど、これら上記の理由もメラニン色素が作り出される刺激となります。

 

 

こういう生活習慣を続けていると、メラニン色素を溜め込むタンク容量が長い年月を経て満タンになり、収まりきれずに溢れたメラニン色素が肌にそばかすとなって現れるのです。

 

 

こういう年月を経て現れたそばかすを消すには、時間と根気が必要です。

 

 

消えにくいそばかすを消すには?

 

 

消えにくいそばかすを消すには、老人性色素斑などのシミを消す時と同じように美白化粧品を使います。

 

 

美白成分が含まれた化粧品は、洗顔料・化粧水・美容液などありますが、どれを使えばよいのか迷ってしまうので、美白用化粧品のライン使いをするのもお勧めです。

 

 

普段使っている化粧品があって、それが肌に合っているため全てを替えてしまうことに躊躇する場合は、美白美容液を追加するとよいでしょう。

 

 

美白に効果のある成分には、アルブチン・トラネキサム酸・プラセンタ・コウジ酸・エラグ酸などがありますが、これらはメラニン色素を作るように働きかける酵素「チロシナーゼ」の量を減らすように作用します。

 

 

今以上、メラニン色素が増えてそばかすが増えないように予防面では大きな効果を発揮しますが、できてしまったそばかすを消すには力不足となってしまいます。

 

 

そこでお勧めなのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、前述の美白成分のようにチロシナーゼを抑制する作用があり、尚且つメラニン色素が積もり積もって茶色く色付いたそばかすを元の肌色に戻す作用があります。

 

 

また、肌のターンオーバーを促進させたり、肌に起きている炎症を沈める作用など、他にも肌に嬉しい作用がたくさんあります。

 

 

そばかすが増えるのを防ぎつつ、出来たそばかすを薄くしていく力を持つ。そして本来肌が持つ機能を正常に戻してくれる。ビタミンC誘導体は実に美肌対策には嬉しい成分なのです。

 

 

ただし、これを使ったから速攻でそばかすが消えてなくなるというものでもありません。大人になってから出現する消えにくいそばかすは、長い長い年月を経てメラニン色素が溜まることで発症したものなので、ビタミンC誘導体の美容液を根気強く継続して使い続ける必要があります。

 

 

普段使っているものに、ビタミンC誘導体の美容液を追加する。日頃のお手入れに新しい手順を一つ増やしただけというような軽い気持ちで淡々と使い続けるようにしましょう。

 

 

そうすることで、そばかすにばかり執着せず、気づいたらそばかすが薄くなってきて、いつしか気にならない程度にまで消えてなくなったという結果が付いてきます。

 

 

日頃のスキンケアはさぼらず丁寧に

 

 

ビタミンC誘導体を毎日忘れずコツコツと塗り続けていても、日頃のスキンケアがザルであれば、せっかくの美白成分の効果を十分に得ることができません。

 

 

化粧水とか面倒でサボるけど、ソバカスは気になるから美白美容液だけは忘れない。なんてことでは意味がありません。

 

 

化粧水などの基礎的なスキンケアを怠ると、肌を弾力良く保つセラミドが不足して、肌のはりつやは無くなるし、肌は乾燥して外的刺激を非常に受けやすくなってしまいます。

 

 

高血圧に効く薬を飲んでいるのに、塩分の高い食事ばかり好んで食べ続けているので、薬の効果を思うように得られないというのと同じことです。

 

 

そばかすに良いとされている成分を肌に送り届けてはいるものの、それを十分にキャッチ出来るような土台作りが出来ていないのでは、せっかく得られるはずの効果もこぼれ落ちてしまいます。

 

 

毎日の丁寧なスキンケアでしっかりと土台が出来た上に、美白に効果のある成分を与えてあげるようにしましょう。