シミの肌ケアテク

老け顔に見える老人性色素斑を消したい!その方法とは?

女性の肌悩み1位は老人性色素斑のシミ!

 

顔や腕、手の甲などに出来やすい老人性色素斑。

 

茶色く円形の形をしたそのシミは、老けシミとも言われるぐらい、見た目を老けた印象に見せてしまい、女性の肌悩みの第1位です。

 

30歳を過ぎたあたりからウッスラと茶色いシミが姿を現し始め、40歳を過ぎれば、そのシミもクッキリと濃い茶色になっていきます。そして気付けば、初めは1つしかなかったシミが2つ3つと増えていきます。

 

シミと言えば老人性色素斑というぐらいシミの王様的存在で、40歳、50歳になればシミの一つや二つはあって当たり前ぐらい避けては通れない肌悩みです。

 

 

老人性色素斑が出来るメカニズムについて

 

美肌の為には邪魔でしかない憎きシミ「老人性色素斑」ですが、どうして、どのようにして出来るのでしょうか。

 

老人性色素斑になる理由はは、ズバリ日焼けです。

 

日焼けを起こさせる紫外線は害でしかありません。肌は紫外線を浴びると皮膚細胞の遺伝子に傷が付きます。皮膚細胞の遺伝子に傷がつき続けると、ゆくゆくは健康だった細胞が癌細胞へと変化することもあるため、私たちの体は活性酸素をたくさん作り出し、皮膚細胞を紫外線から守ろうとします。

 

活性酸素には悪者から体を守る活動をしているのですが、その活動パワーが大きすぎて、あまり活性酸素が体内に増えすぎてしまうと、そのパワーを持て余して健康な皮膚細胞までも攻撃してしまいます。

 

健康な皮膚細胞まで攻撃されてはたまらないので、メラノサイト細胞がメラニン色素を作り出し、暴走を始めた活性酸素を退治するように指令を出します。

 

指令を受けたメラニン色素は暴走する活性酸素を退治すべく働きますが、メラニン色素は色を黒色化するものなので、
健康を阻害する活性酸素を退治するために生まれたハズなのに、大量に作り出されたメラニン色素が肌にどんどん溜まっていき、それを溜め込むバケツが容量を超えた時にシミとなって現れる。

 

これが老人性色素斑が出来るメカニズムです。

 

 

老人性色素斑を自分で消す 美白化粧品編

 

出来てしまった老人性色素斑ですが、何もケアをせずにそのまま放置していると、シミはどんどんと大きく濃くなっていき、その存在感と言ったらありません。

 

シミはできないように予防するのが一番ですが、出来てしまったシミはこれ以上大きくならないよう、そして新たなシミを増やさないようにしましょう。

 

老人性色素斑を完全になかったものにしたい場合は、皮膚科を受診して治療を受けるのがベストです。しかし、体調不良で病院にかかるのとは違い、シミで皮膚科に行くのは少し抵抗を感じるもの。まずは自分でシミを少しでも薄くしたい!という方がほとんどです。

 

自分でシミを改善させるためには2つの方法があります。まず1つ目は、美白化粧品を使うことです。

 

ドラッグストアなどの化粧品コーナーに行くと、美白とうたった化粧品が色々とあります。注意して欲しいのが、きちんと美白効果が認められている美白成分が混ぜ合わされた物を選ぶということ。

 

美白効果があると厚生労働省に認められた成分は色々種類があります。アルブチン・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・トラネキサム酸などです。これらは医薬部外品と明記することが許可された成分なので、効果がある美白成分名が分からなくなった場合や、どれを選んでよいのか迷った場合は、「医薬部外品」と書かれてある美白化粧品を選ぶのも一つの手です。

 

美白成分には大きく分けて以下の3つの役割があります。

 

@メラニン色素を作らせないようにする
?メラニン色素を新陳代謝で肌の外に押し出そうとする
Bメラニン色素を白くさせる

 

例えば、アルブチンやプラセンタエキスにはメラニン色素を作らせないにする役割があり、プラセンタエキスには新陳代謝を促す役割があります。

 

このように、1つの美白成分に1つの役割が与えられていることがほとんどなのですが、3つともの役割をすべて果たすスーパー美白成分があります。それがビタミンC誘導体です。

 

「医薬部外品」とある美白化粧品の中でも、さらにどれを選ぼうかと迷った場合は、マルチな役割を果たすビタミンC誘導体を選ぶと良いですね。

 

ただし、ビタミンC誘導体は効果があるゆえに、敏感肌の人にとっては使用感がピリピリするという方も中にはいます。

 

肌の状態は人によって異なるので、自分の肌と相性のあう美白成分を選ぶのが一番です。ビタミンC誘導体が合わなかった場合は、他の美白成分を試してみる。そして、自分の肌に一番マッチした美白成分を見つけて使い続けるようにしましょう。

 

番外編

医薬部外品としての使用は認められていないものの、美白剤として使用するのは構わないとされている美白成分があります。

 

黒くなったメラニン色素を白くする力が、どの美白成分よりも群を抜いて強い成分。それをハイドロキノンといいます。

 

効果が群を抜いて高いということは、肌への刺激も強いということ。通常は、何か月も同じ美白化粧品を根気よく使い続け、何年もかけて出来上がったシミを少しずつ薄くしていくというのが、自分でシミを改善する一般的なアプローチになります。

 

しかし、時間をかけていられない!とにかく早くこの不快なシミをどうにかしたい!という場合は、ハイドロキノンの濃度が安心できる低濃度で、変質もしにくく作られている商品を選ぶと、より短い時間でシミが薄くなるかもしれません。

 

 

老人性色素斑を自分で消す サプリメント編

 

老人性色素斑を自分で消す2つ目の方法は、サプリメント(市販薬)の服用です。

 

老人性色素斑のシミが出来る原因は、紫外線を浴びたことによって活性酸素が発生し、増えすぎた活性酸素の暴走を阻止するためにメラニン色素が量産され、そのメラニン色素がうまく新陳代謝されずに肌に残ること。

 

ということは、シミが増える原因となっている活性酸素をいかに抑えるかがポイントです。活性酸素を抑える効果を持つ栄養素は、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEのビタミン類です。その中でも特に積極的に摂取したいのがビタミンCです。

 

ビタミンCと聞けば、風邪予防や免疫力アップなど、健康面での効果が目立って知られていますが、美容面においては、美白効果やコラーゲンの生成に作用します。

 

コラーゲンは肌の張りやシワに直結するキーワードで、シミとは一見関係がなさそうですが、コラーゲンが不足すると、肌の新陳代謝が衰えて、メラニン色素が排出されずに表皮に残りやすくなってしまいます。

 

したがって、コラーゲンを不足させないというのも、シミを増やさないということに結びつくのです。

 

ビタミンCは普通に食事から摂取しやすいビタミン類なので、わざわざサプリメントで補わなくてもと思うかもしれませんが、ビタミンCは健康面や美容面、あらゆる場面で必要とされることが多いビタミンです。

 

食事から摂取されたビタミンCは絶対に必要とされている所へどんどん回されていきます。したがって、美容面にまでビタミンCを回そうと思った場合は、1日2000rは摂る必要があるとされているので、それだけの量を毎日食事から摂ることを考えると、サプリメントで補う方が手軽で確実というわけなのです。

 

 

番外編

 

ビタミンCを豊富に含んだローズヒップティーも、シミを目立たなくする効果があると言われています。サプリメントで補いつつ、ちょっと一息つくときにローズヒップティーを飲む習慣をつけると、より効果的にビタミンCを摂取できるのではないでしょうか。

 

 

老人性色素斑を作らせないための予防対策をしっかりと

 

美白化粧品やサプリメントでシミケアすることも大切ですが、予防策を講じなければ意味はありません。ベストなのは、出来たシミを美白化粧品やサプリメントで改善させつつ、新たなシミを作らせないために予防策を講じることです。

 

シミを作らせないために必要な予防策で、これだけはという3つをご紹介します。

 

 

@毎日UVカット効果のある紫外線対策商品を使う

 

老人性色素斑を含め、多くのシミの原因が紫外線による日焼けです。紫外線を20分浴びると日焼けが始まると平均的には言われています。

 

紫外線は家の中にも降り注いできますので、外で活動する時以外でも、紫外線の意識をもって、UV効果のある化粧下地を使うなどしましょう。

 

 

?しっかり睡眠を取る

 

睡眠不足になると、古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わる新陳代謝の力が衰えます。新陳代謝は年を取るにつれ、否が応でも衰えていきます。この肌老化を誘う要因は年齢だけに留めておくべきで、睡眠不足など他の要因を重ねて、
シミが新しい皮膚に生まれ変わるのを邪魔しないようにしましょう。

 

 

Bストレスを発散させる

 

老人性色素斑の直接的な要因は紫外線で日焼けすることですが、ストレスも実は関係があります。それは、人はストレスを感じると、その不快感から活性酸素が量産されます。

 

活性酸素はメラニン色素を作るメラノサイト細胞を刺激するため、ストレスが多い人はシミが出来やすいということになります。

 

ストレスを全くなくして生活するということは無理ですが、ゆったりとお風呂に入ったり、好きな音楽を聴いたり、美味しい物を友達と楽しくお喋りしながら食べたりなどして、上手にストレスを発散させるようにしましょう。